解剖!自動車保険の等級と保険料の関係


自動車保険の選び方

自動車を運転する人であれば誰でも考えなければいけないのが、自動車保険です。
自動車事故を起こさないのが最善ですが、万が一起こしてしまった場合や巻き込まれた場合に十分な補償を受けるための備えとして、加入していなければいけません。
自動車保険には、二つの種類があります。
一つは自賠責保険で、正式には自動車損害賠償責任保険といいます。
強制保険ともいわれ、文字通り加入することが強制されていて、加入しなかった場合の罰則も法律により定められています。
もう一つの保険は、任意保険です。
加入することが任意な保険ですが、自賠責保険だけで補償されない部分を補うために必要なものです。
補償額だけでなく補償の範囲も広げられますので、大きな事故の場合にも自己負担を強いられなくなります。
この二つの保険のうち後者についてはさまざまな保険会社が商品を出していて、そのなかから自分の運転スタイルに合ったものを選ぶことになります。
運転する頻度が低かったり交通量の少ない道を走ることが多かったりして事故のリスクが低いと感じるなら、保険料を安く抑えるように工夫するでしょう。
それとは反対に、事故が起きやすい環境で運転することが多いならできる限り補償を充実させておきたいと思うに違いありません。
保険には、特約といわれる、いわゆるオプションがあり、それによって補償内容や保険料をコントロールできます。
例えば、ゴールド免許特約を付ければ補償内容はそのままで保険料が安くなります。
また、大きな事故を起こした際の弁護士費用や介護費用など大きな出費に対して少額の保険料プラスで補償されることもあります。
大切なことは、営業マンの言うとおりに契約を進めるのではなく、納得できるまで聞いたり調べたりすることです。
加入しようとしている自動車保険の内容が保険料に見合っているか、また自分の必要にかなっているか、といったことを念頭に置いて契約内容を確認することが必要です。
Copyright (C)2014解剖!自動車保険の等級と保険料の関係.All rights reserved.